アバクロの偽物はもういらない!!アバクロ直営店で購入した本物のアバクロのみを取り扱い。

極度乾燥(しなさい)
ホームアバクロの歴史

アバクロの歴史

1892年

メリーランド州ボルチモア(メリーランド)出身のデビッド・アバロクロンビーがニューヨークでアウトドア用品店としてアバクロンビー社を設立「Abercrombie& Co.」をスタート
当時の 顧客はほとんどプロのハンター、探検家、および罠猟師から成りました

1900年 顧客の一人で弁護士のエズラ・フィッチ(ニューヨーク弁護士)から投資を提案され、経営に参加
1904年 法人組織化され、会社の正式名称は2人の名前からとった、アバクロンビー&フィッチ社「Abercrombie&Fitch」として社名変更
しかし、経営に対する考え方の違いからパートナーシップは長くは続きません。
職人気質であり保守的であったデヴィッド・アバクロンビーと進歩的で事業の拡大を目指したエズラ・フィッチはその方向性の違いで対立。

1907年 創業者であるアバクロンビーは会社の全株をフィッチに売却し、アバクロンビー&フィッチ社から去ってしまいます
1909年

フィッチが事業拡大戦略の一部として考えたのが、初の456ページにわたるアバクロカタログを発行による通信販売の開始。

1910年 女性用のウェアを販売スタート
1917年 マディソンアベニューに当時として世界最大とされた本店を出店
1920年 アメリカで最初にマージャンを中国から輸入
1928年 米国における確固たる地位を築き エズラ・フィッチは会社から引退
1977年 会社はチェーン展開で拡大し続けていましたが60年代後半から経営危機に陥り、その後買収という形でいくつかの大企業の手を渡り歩き、財政上衰え始め破産
1992年 マイケル・ジェフリーズ氏が最高経営責任者(CEO)に就任し、現在の「アバクロ」へと変貌を始め、 それまでのクラシックな大人向けアメリカンカジュアルに加えて新たに大学生を顧客のターゲットとし、ヴィンテージ風アメリカンカジュアルにコンセプトを転換し、また、ジェフリーズCEOの強力なリーダーシップのもと数々の経営革新を行った結果、特に白人の若者から絶大な支持を獲得。
毎年30%を超える成長を続け、1993年から1996年で売上高が約3倍に拡大し、1998年5月にはリミテッド傘下からの独立を果たした

2001年 オハイオ州にある現在のホームオフィスである新社屋が完成
現在 店舗数は787
アバクロンビー&フィッチ356店
7歳から14歳の子供服ブランド「アバクロンビー(Abercrombie)」(171店)、
西海岸のライフスタイルをコンセプトとした「ホリスター(Hollister)」(256店)
30歳までをターゲットとし、元グッチのロバート・シンガー氏を最高執行責任者(COO)に迎えて2004年10月にオープンした「ルールナンバー925(RUEHL NO.925)」(17店)