アバクロの偽物はもういらない!!アバクロ直営店で購入した本物のアバクロのみを取り扱い。

参加ランキング
アバクロRanking Navi
アバクロ 通販ランキング
アメカジ
JRANKホームページランキング
SEO RANKING
ネットショップ検索
自動で無料で
被リンクを増やしませんか?
SEO対策、アクセスアップにオートリンクネット
リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらサイドビジネス成功への道
ホーム | 極度乾燥(しなさい) > アクティブ4159 SUPERDRY L size スポーツシャツ 【リクエスト可能】
商品詳細

4159 SUPERDRY L size スポーツシャツ 【リクエスト可能】[極度乾燥]

販売価格: 5,000円 (税別)
[在庫わずか]
数量:

 スーパードライのスポーツシャツ


さっぱり分からない。。。。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパードライのサイズ感は昔のアバクロと一緒!という事について

アバクロとスーパードライの大きさを比べてみました。
紺色がアバクロのXLサイズで、グレーはスーパードライのXLサイズです。

スーパードライはアバクロよりも小さい、、、、という事ではないと思います。

このアバクロのセーターはアバクロのクラシックタイプ、

マッスルタイプではないという意味です。2015-6年ごろから、きゅっとしまったマッスルタイプは少なくなってきているように思います。

僕らが昔から持っているのはマッスルタイプで、おそらくイメージとしては、スーパードライは昔のアバクロのサイズと一緒と思うとイイのではないかなと思います。

スーパードライのサイズ感は昔のアバクロと一緒!

 

 一応、簡単にいうと、昔のアバクロと一緒でいいと思う。

 で、問題があります。

 

 

何が問題かと言うと、

昔のアバクロって、マジでサイズがバラバラで、ほんと毎回チャレンジだったぜー!

その時は、アバクロって会社(アメリカ人ってやつわー!)はめちゃくちゃいい加減で、同じMでも物によってサイズが違う!

アメリカ人の考える事なんだからしょうがないよね、日本のようにはイカナイよね。

 

こういう事だったと思う。

 

スーパードライのサイズ研究をしていて、最近ちょっと考えが変わった。

1.サイズ感の違いは、供給する側の事情にある。

2.作っている方法が同じじゃないの?

3.という事は、アバクロと、スーパードライは同じ工場で作っているのでは?

 

スーパードライのサイズ感は昔のアバクロと一緒!

 

 

1.サイズ感の違いは、供給する側の事情にある。

アパレル会社ってのは、自社で工場を持っていない。

例えば、僕がブランドを作ったとする、その時そうだなぁ、100-1000枚くらいシャツを作ろう!と思ったら
僕の希望通りにできる、工場や製造元を探します。

おおっここなら、僕の欲しいタグもできるし、生地も希望通り、縫製もしっかりhしている、

じゃぁA工場さん、100枚頼むね。

ところで、帽子も作れますか?と聞くと、知り合いのB工場を紹介してくれた。
こういう感じで小さなブランドはできていくのだと思う

今は「僕が!」ブランドを作る場合、なんて書いたけれど、スーパービッグネームにでもならない限り
同じように工場を探して作ると思う。

トランプの娘のイバンカさんだって、一時有名になったパリスヒルトンだってそうやって作っていると思う。

まさか、自分の工場を作るなんて事はありえない!

工場を作るまでのブランドってあるだろうか?

あの、ユニクロだって、どこかの工場に頼んで作っているに違いない。

少なくとも、世界で一番売り上げが多いと言われるウォルマートを考えると

彼らは、「大量のTシャツを工場に発注するから安く売れるんだ!」

ってのは当たり前にみんなが知っている、つまり、アパレル業者だって一緒なわけです。どこかの工場に依頼する。

 

そこで、アバクロは一体どうしたのか?

昔僕らが、アバクロっていいねー、と言っていたころ、

その時、タグも研究したし、原産国も勉強した、

原産国が中国だと偽物だ!なんて安易な事を言っている人まで現れた。

当時は偽物本物の判断は、直営店から買っている僕には、どうってことなかった

だって、本物に決まっているじゃん!直営からかってんだ!って照明をしたに過ぎなかった。だから原産国というのを本気で研究しようなんて思ってなかったわけです。

 

その当時の記憶からすると、確かに中国が少なかった、トルコ、インドネシア、バングラデッシュ、マカオ、インド、他にも沢山の国々で作られているという事だけは記憶している。

まてよ!!!

それはどういう事を意味していたんだ????

それは、今考えると、

あちこちの工場に発注しなけりゃならなかったわけです。

あの工場ではポロシャツができる

あの工場ではシャツができる

あの工場では帽子ができる

そうやって、あちこちに発注していたんだと思う。

あくまでこれは仮説段階です。

 

となると、サイズ感はあちこちの工場でちょっと異なると思う

きっとある特定の商品はa工場、これはb工場という様にしていたんだと思うけれど

 

ある時覚えている事がある。

同じtシャツなんだけど、素材感もプリント感もサイズ感も全然違うんです。

 

なんでだろ?と思ったのだけれど

おそらくは

同じ商品を a工場、B工場、C工場というように発注を出したんだと思う

そしたら違う素材、違う機械でつくっているから、なんだか違う商品が出来上がってしまった

普通は1枚しか手に取らないから分からないけれど

僕はアメリカ全土を回って、あっちからもこっちからもって購入していたから

色々違いが見えてしまった。

 

どうです?、ここまで来たらわかりますね。

 

アメリカ人がいい加減だったからサイズがバラバラだった!!!

ってのは違うんじゃないか?

あちこちの工場に発注を出さなければいけなかったから、色々サイズ感がずれてしまった!!!と言う事だと思う。

 

今のアバクロはどうしているか?

全部メイドインチャイナですね?

全部同じタグですね?

 

そう、同じ工場できっと大量生産が可能になった。

時々メイドインベトナムとチャイナとあってサイズ感の異なるものはあります。

ただ、以前とは状況はかなり変わった。

サイズ感が同じになってきたんです。

そりゃそうだ、でっかい同じ工場で作るようになったから、同じ規格で作れるようになったわけです。

 

でもそこにはデメリットがあった、大きなデメリットがあった。

恐らくは、良いものが作れなくなってしまったんです。

 

マクドナルドハンバーガーよりも美味しいハンバーガーの作れる会社ってありますよね?

ってか、悪いけど、僕だって彼らよりも美味しいハンバーガーを作れる自信がある!!!

 

もし、あなたが、マックのハンバーガーよりも美味しいハンバーガーを食べたことがないとすれば、

バーガーキングにいけ!(ではなくて、、、)

その辺のレストランで、1000円くらい払ってハンバーガーを頼めばいい。分かるよそっちの方が旨いって。

 

大量に作ろうと思うと美味しいものってできないんだと思う。

服も一緒、大量に作ろうと思うと、流れ作業だし、数をこなすためにスピードも上げなきゃいけない

手作りよりも良いものを機械で作ろうってのは基本的に無理なんだと思う。

 

だから数をこなすために、質を諦めなければいけなかった。。。と言う事だと思う

 

 

これがアバクロの売り上げの推移、2005年の時点で、2500億円

そこから4000億円規模まで売り上げを上げた。

価格も下がったことを考えると、作った量は倍くらいだったんじゃないかな?

倍作れ!!!って言われても小さな町工場には無理です!

 

じゃぁ大きな工場を見つけろ!!!チャイナだ!!!って全部チャイナに移行しちゃったんじゃないかな?

質が落ちた。。。

 

 

2.作っている方法が同じじゃないの?

 

さて、スーパードライはどうだろうか?

今売り上げは900億円です。

アバクロが流行った時期2500億円でもまだ良いものを作っていたことを考えると、スーパードライはあと3倍売上が増えても良いものを作り続けられるだろうと思われる。

じゃぁどこに発注しているんだろうか?

 

タグなんかを見てみると、昔のアバクロにそっくりだよねー、

形もそっくりだよねー、なんか真似しているのかなぁ、、、、

 

って違うと思う。

 

きっとその逆なんだと思う。

商品を作れる技術がかぎられていて、結局そこで作るしかないんだと思う

良いものを作ろう、しかも1000億円の売り上げ規模で供給しようと思ったら、

きっと世界で数えても、一定の場所でしか作れないんだと思う。

タグも、商品も、

 

 

3.という事は、アバクロと、スーパードライは同じ工場で作っているのでは?

そこまで調べられないと思う

工場が突き止められるなんて事はなくて、突き止められたら

そこにみんな買いに行くと思う、横流しになる、だからそれは企業秘密だと思う。

でも、状況から考えて

世界を見渡して

例えば

1億円分のポロシャツを発注できる先がどこにあるか?

そんなに沢山ないと思う。そしてクオリティーコントロールのできる場所?

本当に限られていると思われる。

そしたら、結局、アバクロだって、スーパードライだって、同じ工場に発注することになる、

それが世界に点でバラバラに存在していて

トルコだったり、バングラデッシュだったり、ガテマラだったり、マカオだったり、香港だったり

そう、タグの生産国を見れば、かつて見ていたような国名がまた発見できると思う。

 

 

結論!!!

 

これはねサイズ感について書いていたわけです。から

サイズについての結論。

 

きっと同じ工場で作っていると思われる

昔、サイズ感が全然わかんねーよ!!!!って悩みましたね。

 

はい、今回も同じです。

サイズ感なんか、実際みてみなきゃ分からんぜよ!!っていう事です、

 

そうかー、昔みたいにサイズ感色々伝えていかなきゃダメね

 

でも分かっているのは、昔と一緒、昔アバクロはMかSで着れたなー、と言う人はそういう感じでイメージしてください

でもねーーー

それって7-10年前の話でしょ、

 

あなたのサイズが変わってる可能性って大いにありますね。

 

運動しよっと。。。。。。

 

それでは、サイズ感、また一緒に皆さんで研究しましょう!!!!

 

振り出しに戻った気分だ!!